2016年9月25日 (日)

今時まだそんな事…?

昨日も、復活したと書いたばかりなのに、
またネットがダウンしておりました┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
使えるのはスカイプチャットのみでしたが、それも後半オフライン。

そのせいとしか思えませんが、メールやら何やら、いろいろ弊害を引き起こし、復旧作業で半日終わる、というここ数日。
今朝は何とかまた動き出しているようではありますが…。

日本の友人にも
「今時まだそんな事(ネットが無い事)があるの?」

と驚かれましたが、ハイ、

何でもアリです。ここはインドネシア〜…。

特に供給会社の競争相手がほぼいない環境では、プロバイダー様様状態。

何とかしてくれと技術者呼んで催促しても、実際に来るのは数週間も先。
(当然ボートから何から全てこちらで手配しても、です)

辛抱鍛えます、この土地では…。

メールできるだけでも凄い!のかもしれませんが、
自分で作らなきゃ、時には”電気もガスも水もネットもない”島暮らし。

でも、都会の喧騒、海のない生活時代、波音が収録されたCDを部屋でヘッドフォンつけて聞いて仕事のストレス癒していたあの頃を振り返り、初心に戻らねば、ですよね。

今日もポジティブに生きよう!(…と自分に言い聞かせる(^-^;)

Dscn0121



| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

高級食材使ってます?! 

先日久しぶりにスーパーマーケット偵察に行きました。
毎回驚かされるのが、現地の外国メーカーの食材の値段の高さ!!(国産の代用類似品と比べて)

例:バター 
昔から料金はっていたのがバター。 このスーパーでは棚に積んでありましたが、この缶入りのバター、未だに鍵のかかったケースに入れられて売っていることも。
今はレートのせいで、300〜400円程度ですが、ちょっと前まで500円ほどしてました。

キッコーマン
⬇︎下の(上から2段目)小さいミニボトルで1本400円超えてます。

⬇︎アンカーのバターも1ヶ300円くらい。そのお隣のバターなんて、1,100円くらいです。

うちでお菓子や、デザートによく使うクリームもこのフランスメーカーのElle&Vireですが、これも、800円から店によっては1000円超えてます。 
日本でもホイップクリーム1,000円しませんよね?!(生クリームじゃないですよ)

頻繁に使う食材の一部ですが、外国の都市と大して変わらないほど高価な食材ゆえか、確かに、うちを辞めた調理人スタッフが思ったより早くうちに帰ってきたがるのもうなずけます。

彼女ら曰く、ローカル宿ではたとえゲスト向けのメニューでも、こう言った高級食材の使用は許されていないのだとか。  
うちで使う食材に慣れてしまった後では、さすがの彼らも以前の食生活に逆戻り、というのは簡単ではないようです。

その反面、”最近の若者”に驚かされることも。
高い食材でもパッケージ中身を隅まで完全に終わらせないうちにパッパと潔く捨ててくれたり、余分に切った野菜などをポイっと平気でゴミ箱に直行させたり、と、”勿体無いがらないニュー世代”(?!)とでもいいましょうか。
オバサンとしては目撃するたびに目を吊り上げてしまうほどの潔すぎるドライさ。

話が逸れましたが、現地で考えたら結構高いこのような食材でも、ちゃんとそれぞれ売れてしまうのですから不思議。 昔から謎の多い街だなぁ。

| | コメント (0)

知らない方が良い事も…?!

昨日からサーバー会社供給のラウターの調子が悪いらしく、ネットが今日昼ごろまで断絶しておりました故、メール返信が遅れ気味で失礼しております。
現在なんとか復旧致しました。

今時ネットの断絶なんてあるのか??と友人も驚いておりましたが、彼女曰く、

「でも世間のニュースときたら、知らない方が良かったような暗いものばかり。」 

だそうです。

彼女の言うところの暗いニュースにアンジーとブラピの事が含まれていたかどうかわかりませんが、遂にあの二人も離婚申請だそうで、ゲストの女性はショックで食欲失せた、ということでした。 
やはり知らせない方が良かったかも?!(^-^;


| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

水温30度!フロッグフィッシュ見つけたゾォ〜!!

午後のダイビング

ぬわんとッ!!

カエルアンコウ(英名フロッグフィッシュ)

体調15センチくらいあるのを見つけちゃいました!

ひっそりと枝珊瑚の下の暗いところに垂直にヒシッと張り付いていたんですが、そのシェイプがすぐに私の目にとまりました!

「またぁ…。きっと、なーんちゃってスポンジ(海綿)、かもしれないじゃん?!」 

一瞬我が目を疑いましたが、いえいえ、どー見ても珊瑚にピトッと踏ん張った足は、カエルアンコウさんのものに違いありません!! 

ブナケン島ウォールでは小型のは見たことありますが、こんなでっかいのは正直初めてかも。  基本的には湾内とか穏やかな砂地とかを好んで住んでいそうなのに、こんなウォールの流れの中、踏ん張ってる姿にグッときちまいました。
ゲストも私も大喜び〜!

_dsc8152

エルニーニョのせいか、特に浅瀬の水温は気持ち悪いほど暖かいのに、みんななんとか耐え忍んでるようです。

写真以外には、ホワイトチップシャーク、マグロ、カスミアジ、キンチャクガニ、グルクマの群れ、カメ、オドリハぜ、オランウータンクラブ、サンゴハゼなどを見ました。 

_dsc8128


_dsc8167

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

久しぶりの懇談会

先日は、マカッサルの領事館の出張サービスがあり、領事館員のKさんが現地に住む邦人の為に来てくださっていたのと、新しく北スラウェシ来られた方々のウェルカム会も兼ねての懇談会がありました。

私もこういった懇談会は久しぶりの参加ですが、今回は予てからメールを頂いていたノボテルホテルのGMの奥様のTさんとついにお会いする事が実現し、大満足! 

Tさんは、主にファッション関係のライターもされていらっしゃるようで、雑誌ELLEの記事や海外レポートなどの記事も書かれている方で、さすがファッショナブル!!
毎日Tシャツ、裸足で歩き回っている当方としては、少々気を引き締めなければ?? と、お蔵入りしているとっくに期限切れしたような?!マニキュアを取り出してきて、一応爪という爪に塗って出かけました(^-^;

今回の懇談会には新しく北方の島に働きに来られた方や、留学生の方も参加。なかなかの人数で集まれたので、賑やかで楽しかったデス!
今泉会長、帰国されたばかりでお忙しいところ、懇談会の手配をありがとうございました!

みなさまの許可を特にとっていない為、ここでは星型でお顔を隠しましたが、美人揃いのインドネシア人奥様たちと一緒に、はい、チーズ!!

Meeting800_1

Meeting800_2


| | コメント (0)

2016年8月29日 (月)

ジュゴン出ました! 昨日の夕方です!

昨日夕方、ラフに言われた通りの時間にチャチャ前スノーケリングしていた、ドイツ人ゲストUさんが、

ジュゴン遭遇!!!

その前日はドルフィンツアーで大量のドルフィン遭遇して大興奮していた彼らですが、昨日は彼らの1週間滞在の最終日。 

やったね〜!!

ここは最高だよ!!」って、今朝おかえりになる時もまだ興奮冷めやらずに握手を交わし、再訪を楽しみにご出発されました。

日々ポジティブで感謝の心を忘れないハッピーな人には
もっとハッピーな事が起こる〜っ?!
💗💗💗

というのが正にハマるお二人(*^-^)

お約束”とでも言わんばかりに起きた出来事でした。

それにしても満月/新月の前後3日に当てはまらないジュゴンの出現。 
ってことは、さほど季節に関係なく出没??

チャンスが増えて、さらにワクワクしちゃいますねheart


| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

ブレクシィ

飼う予定じゃなかったんだけどね〜coldsweats01





| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

シュノーケリング新時代?!

フランス人ゲストが持参、絶賛するこの新時代のシュノーケリングマスク?!

もうこれで水が侵入するストレスとはおさらば?!
ゲストが絶賛していました。
プランクトンにたまにちくっと唇かまれたりする事も無いし、鼻でも口でも呼吸可能なので、特に初心者にはストレスフリーかも?!

個人的には、装着すると、顔を全面覆う事にちょっと窮屈感があり、古いタイプのでいいや、って思ってしまいましたが、水中で試して無いので、まだまだ決断するには早いかも(^ω^)








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月31日 (日)

ティモール2は先日水温28度でした!

Flatwarm_2

ここ1、2ヶ月は水温29度、30度続きで水中にいるのは快適だけれども、このままエルニーニョの影響か、高水温をキープするとサンゴがやばいのでは??!と心配しておりましたが、なんと、昨日の午後ダイブでティモール2に入ったら、ちょっと寒い( ̄◆ ̄;) 
ダイコンでチェックすると、珍しく水温28度と出ていました。
そのおかげか、入ったらいきなりピンク色のフチの黒いフラットワーム(ウミウシではありません)、シンデレラウミウシなどを目撃することができました。

Golgonian

Mantisshrimp

シャコの目は不思議ですよね。黒い点が二つ見えてよく動くのですが、他の部分には横線や縦線が細かくひっきりなしに入っているようにも見えるし。

Redtoothtrigarfish

最近はチャチャ2だけでなく、ティモールでもよく見るようになった、ゴンズイ玉ならぬ
アカモンガラ玉”。 その後ろをふら〜り泳ぐウミガメも。

流れも殆どなく静かな海中、魚たちものーんびりしているように見えた午後でした。
この日はあまりカスミアジのハンティングはありませんでしたが、若いナポレオンフィッシュにぴったり沿って泳ぐカスミアジの姿を目撃。 
カスミアジがおこぼれをもらう??のか、ナポレオンの”フリ”してハンティング、またはナポちゃんの体を隠れ場所に使っているからなのか、この2匹の組み合わせペアはブナケン島では珍しいことではありません。 
見てるとカスミアジはうるさいくらいにナポちゃんの周りをチョロチョロ泳ぎまわるんですが、ナポ自体は気にする様子もなくのーんびり泳いでいきます。 
不思議な関係のふたり…(^-^;

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

コバンザメ、可愛い?海のストーカー

コバンザメ。
英名でシャークサッカー(サメ吸い付き魚)とも呼ばれています。

頭の吸盤が小判そっくり、ということでこの名前が付いているそうですが、そう、ということは、この写真のコバンザメ、腹を思いっきり出してカメにひっついているわけです。
一瞬頭のようにも見えますが、よく見ると、エラの切れ目が見えるので、あ、やっぱり腹側なんだなと…(^-^;

引っ張ると吸盤の仕様によりさらに強く吸い付くので、カメなどが早く泳ごうとも振り払われることはなく、逆に離れたい時は、ひっついた魚やカメより少し速く泳ぐだけで簡単に離れることができる、のだそうです(ウィキより)

先日もゲストがコバンザメにひっつかれそうになったとか。
たまにあります、コバンザメストーカー。

Dscn0188

(写真提供Y氏&M氏より)

| | コメント (0)

珍しいシモフリタナバタウオなど、ゲストの水中写真をご紹介

10数年来、水中カメラやビデオ使用を辞めていた、Yさん、Mさんが、今回は久しぶりにデジカメ持参。
写真撮影した写真を何回かにわたりご紹介させていただきます。

Dscn0168

シモフリタナバタウオ(ブナケンでも最近は超レアものか)
英名はコメットフィッシュ(彗星フィッシュ)ともよばれているお魚。
観賞用として捕獲されてしまうことも多いのか、最近めっきり見ないレアもん。
暗いところが好きだし、こうしてライトを当てれば素晴らしい全貌が見えることもありますが、すぐ隠れるので全身を見られることは滅多にないです。
暗い水中の穴の中ではただただ真っ黒にしか見えず、ニセの、目のように見えるスポット部分だけが見えるので、何なのかよくわからない、といった感じ。 
でも実はこんなに全身ビューティフルなお魚なんです!

Dscn0173

ダツが水面近くを泳ぐことが多いので、シュノーケラーの方も、下ばかりではなく、ぜひ水面近辺をも確認すると目撃できるかも。

Dscn0034

穴の中でお休み中のホワイトチップシャーク

Dscn0123
ついでにブレクシィのママであるナナちゃんも登場!

Yさん、Mさん、写真ありがとうございましたー!!

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

とんでもサイズの手釣りキハダマグロ到着!

地元の漁師さんが手釣りで仕留めた、とんでもない超ド級サイズキハダマグロをデリバリーしてくれました。

彼の小さいボートから、男性4人がかりでようやっと浜上げ。
80キロくらいあるマグロかも。
40キロ級はたまに仕留める事もありますが、こんなにデッカいのは初めてかも。
もちろん、刺身、マグロのたたき風、ツナステーキで美味しくいただきました。

この日は10年以上リピーターであるYさん、Mさんがご到着して10分くらいで、このマグロが到着。 
刺身好きな外国人ゲストから、「幸運を運んできてくれてありがとう!」とお礼を言われていたほどです。

Img_3792

Img_3803

人間の手がまるまる入る大きな口!水中で見たらすごい迫力でしょうねぇ…。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

英国がEU離脱したブレグジットの日に生まれたからブレクシィ?!

Brexy ブレクシィ

そうなんです。あの英国離脱のブレグジットデーに海岸沿いの穴で生まれ、満潮で波にさらわれた中で唯一生き残った、ナナちゃんの初の子犬。最初は前足や顎下を怪我していたにもかかわらず、毎日どんどん回復、育っていって。
今回は、エアコン効いた室内にいたがるナナちゃんのせいもあり、すっかりウチの室内で育ってるブレクシィ。 
でも今回は犬好きのスタッフにもらわれていく運命かな。

Img_3619












Img_3717












Img_3731

Img_3719



| | コメント (0)

2016年7月16日 (土)

マリンダイバーシティの海へようこそ!

先日改めてラフに、

「ブナケンはマクロ、というよりは、”マリンダイバーシティ”ね。」

つまり、ブナケンの海は、
"marine diversityー海洋生物の多様性、様々な種の海洋生物が存在する海、ということです。
大物は?と聞かれると、ここの基本はマクロ、と説明して(書いて)きましたが、ここはマクロだけでなく、見れる魚の種類の豊富さ、500種を超える珊瑚が生息している、豊かな海であると言えます。 かといって大物がいないわけでもないし(*^-^)

先日もそんなダイビングをゲストと楽しんできました。
ちょっとこの日は流れるコーナーに現れる大物狙いもあって行ったロンズポイントですが、残念ながら珍しく流れが全くありませんで?! 
お目当てのイソマグロやロウニンアジ、マダラトビエイは目撃しませんでしたが、巨大タコやら、チンアナゴなどがお出迎えしてくれました。

_dsc7692

これはサザナミヤッコの幼魚。
成魚を見ることは滅多にないですが、幼魚を久しぶりに見ました。
渦巻き模様が鮮やか!幼魚ですが、すでに12〜15センチくらいありそうな大きさ。







_dsc7735

カンムリブダイの若魚を3匹見ました。これもそのうち10数匹のまとまった群れになってくれるといいけれど。
他の大型魚同様、群れになる前にフィッシングされてしまうリスクも。





_dsc7708_2

ルリヤッコ

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

ボートで移動中に遭遇したイルカたち

Sさまご家族にいただいたビデオをご紹介!
遊ぶ気満々のイルカたち、こんなに近くまで来てくれてよかったですねー!!

| | コメント (0)

«オリーブオイルカフェ*カフェひより