2019年8月20日 (火)

今朝のお月さま

青空に浮かぶお月さま

392a58736035417081683d7768beb46c

| | コメント (1)

2019年8月19日 (月)

ビーチバーベキューデー⛱

美しいサンセットの後は、ビーチバーベキュー!

干満のタイミングが大事ゆえ、限定日にしかできないですが、波打ち際で、魚とスペアリブのバーベキュー、やっぱり最高ですね!

F4a8bde02ee54d34aa6efb36717fd334

D72b565d56cd4293ba90b23644245117

2b7097f7d1124f34859fc92e01e8a2b6

| | コメント (1)

2019年8月18日 (日)

ジャックフルーツの季節

好物のジャックフルーツの季節

友人のアランさんが、自宅の庭に実ったジャックフルーツで、ジャムをたくさん作って送ってくれました。試作としてシルサックフルーツのジャムも!

ブナケン島タンジュンパリギ村のリーチェさんからも、とれたてのジャックフルーツが!もう毎日ヘブン!!でございます。期間限定ゆえ、この時期だけのスペシャルジャムがゲストにも大好評です!

6670a2d4d3d4462796e3752a239f9bc6

190f69ca847842f3985620c879c18e33

| | コメント (1)

独立記念日はビーチゲームでお祝い?!

独立記念日のお祝いとして、先日のアフタヌーンティーはビーチゲームパーティーに!🎉

アグネスがオーガナイズしたゲームは、こちらでは伝統的?とも言える、シンプルながら大笑いできる面白いゲームばかりで、皆でワイワイ楽しませてもらいました。アグネス、そして参加してくれたゲスト、スタッフのみんなも、ありがとう😊

3fc24801724a4bea87001f32ae608e519dff7c84efa94e09b1e7583684b7596e9f5a34957cb645fe88846cbe87faedccBf6915ccb2554ebcafa9fcb837b883b8

スタッフからは毎月やって欲しい!なんてリクエストも(^.^)

178a3deac7c740feb9b86e663d82b4f4

| | コメント (1)

2019年8月17日 (土)

不思議な虫発見

変に触覚?らしきものが長い虫が今朝の先客でした。飛ぶくらいだから、蛾なのかなあと?!でも体長の3倍くらい長いこの触覚は何のため?!

不思議な虫デス。

83e1ebe7426b42989739f77b1dd5925a

| | コメント (1)

2019年8月16日 (金)

満月の翌日の晩のお月さま

95e066687ae649c8b2681ea015e4aaad 

| | コメント (1)

ナイトダイブ前の夕焼け風景

満月の日にナイトダイブに出たら、こんな絶景に出逢いました。

7904bc7c2cbc48058c57532c25d7912c

| | コメント (1)

2019年8月14日 (水)

海の青さに心ときめくシーズン!

今年はハイシーズンらしいお天気が続いていて暑いけれど、毎日その美しい海の色に目を奪われます。

ドルフィンツアーに行かれたゲストも、数日前には出ないこともありましたが、その次の日には遭遇できたりと、皆さまの夏休みを盛り上げ中!

満月を明日に控えた大潮ゆえ、浅瀬の温泉のような水温の海水と、深場の海水が大きく混ざり合い、スノーケリング中にも寒くなったり、温かくなったりで、その温度差にびっくりされているゲストも多いようです。

Summer 

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

肌寒い朝のブナケン島から

Cbcb32c1849042f89e7b4bb425dc1704

おはようございます。

暑中お見舞い申し上げます。

こちら、今朝はこの時期には珍しく、寒いくらいに涼しい朝を迎えています。😲

さまどうぞ良い週末をお過ごしください。


| | コメント (1)

2019年8月 9日 (金)

バーキンとシャネルが山積み?!かもしれないガルーダ機?

ジャカルタ〜シンガポール間のフライトで度肝を抜かれた、ガルーダの機内ショッピングカタログの話はまだしていなかったかと思います。

よくある機内誌の一つ、機上ショッピングカタログ。 
バブリー時代は私もよくお世話になりましたが、まさか、ここまで進化してるとは…。

今までもジャカルタ方面に飛ぶと、なんか機内誌にフェラーリの写真がふんだんに散りばめられた記事や、ゴージャスリッチな内容が多いなあとは以前から気づいてはいたのですが、今回はさらなる加速?!

ページをめくって3、4ページ目だったかと思いますが、まさかのブランドロゴ発見!
まだ香水のページじゃない筈なのに。

そう、なんとあの!あの?!あの???!!! ヘルメス…?! 
(いや日本ではエルメスと呼ばれてますね。どっちが正解なんだか。外国人がいうと”ヘルメス”だけど…)

インドネシアRp(ルピア)はゼロが多い、なんて言ってる場合じゃございませんのよ!!
なんと!9ケタもん、ですよ。
日本円だと、現在のレートで200万円くらいでしょうか。

あ、値段なんかよりも驚いたのが、あのケリーバッグという代物。
買いたくても入手が非常に困難と言われ、お金ある方でも数ヶ月待っても買えない事で有名な、あの!

バーキンケリーバッグですよ。

機内誌で買える、ってなんなんでしょうね?! 

インドネシア、リッチさを見せつけてくれますねぇ。

まさか、この飛行機にも

バーキン山積み〜????  

そんなだったら、すぐにでもハイジャックにあってしまいそうです。

だからきっとこのデリバリーマークが付いてて、配送のみの販売なのかもしれません?!
その場で買えるのかどうか、思い切ってスチュワーデスに聞いてみれば良かった…。

しかもこれ、もし機内誌限定デザインなんか出したら、その度にコレクションする人もいるかも??ですよねえ。

Kelly

その次のページがご覧の通り、シャネルのページ。
すぐにでも手にとって使いたくなるような可愛らしいデザインですね。

Chanel  
ジャカルタにはシャネルの店舗がいつくかあるようで、世界のどこを探しても、1都市に同じ高級ブランド店の支店が何軒もある国は他にない、とゲストから聞いたことがあります。
シンガポールの高級コンドの3割はインドネシア人がオーナー、とも聞いてるし、バリでのウェディングでもお花代だけでも2億円かけたり。
インドネシアの裕福層は底知れずリッチなようです。

私も機内誌バーキン欲しいっ!

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

福山雅治がメナド(マナド)に来てる?!

Ee5823c2194f4e10ba4a3f2cd8fcf8b0

日本人会情報によると、あの?!福山雅治さんがメナドに来てるようです?!

以前静岡のゲストからCD送ってもらった事もありますが、まさかご本人が当地にみえるとは?! メナド地元民はおそらく気づいてないのでは??

うちに遊びに来るとイイなあ(^^)

| | コメント (1)

2019年8月 1日 (木)

夕方のチャチャでのハウスリーフスノーケリング

チャチャのハウスリーフでのスノーケリングを楽しむSora君の様子をご紹介

10年前に初めてみえた時、彼はまだ10歳。背もまだ小さかった小学生でした。
ホワイトボードに「また来るよ!」ってメッセージを書き残してくれた彼が帰ってきてくれました。
ご両親や娘さんはそれから何度も遊びにきて頂いてたんですが、彼はほぼ10年ぶり。
今や身長もすっかり伸びて、私も見上げる高さの大学生。月日が経ってるのを改めて実感します。

魚や鳥が好きな彼。
一時は研究者になることも考えたようですが、現在は医者になることを目指して勉強中だそうです。

体操選手かのようなポーズが決まってますね。

チャチャ前リーフでの久しぶりのスノーケリング。
しかも夕方なのにこの透明度
乾季で海も穏やかな日が多いので、透明度が高い日が続いています。

Sora1  Sora4Sora5 Sora3

10メートル先くらいにハギの群れが通過中

Sora6

歩けるような浅瀬にもしっかり珊瑚が、大潮の干潮時の海水レベルから身を守るように、平坦な高さをキープしながら棲息中。

Sora7

| | コメント (1)

2019年7月30日 (火)

じゃかるた新聞に大洗のメナド(マナド)が紹介されていました

Ooarai じゃかるた新聞にこんな記事が出ていました。

大洗に”メナド/マナド村”があると日本人会で聞いてましたが、写真で実際に見たのは初めてかも。

興味ある方は、下記リンクをクリックして、じゃかるた新聞のリンクをご覧ください。

https://www.jakartashimbun.com/free/detail/48747.html

 

ゲストには、

「大洗にはマナド/メナド人がいっぱいいるようですよ。クリスチャンだから教会もあると聞いてます。」

「もしかするとあそこに行けば、マナド/メナドの本格的な”ダブダブ”が食べられるかも?!」 

なんて冗談交じりに言っていたんですが、若い方が大洗に出稼ぎや移住し、港町で働いて日本の食卓を支えているようです。

| | コメント (1)

2019年7月23日 (火)

レンべとブナケン島での最新ダイビングビデオのご紹介

フィンランド人リピーターゲストのトニーさんとミンナさんが、レンべ海峡とブナケン島でのダイビングビデオを、うちのアグネスのギター演奏による歌声と共に編集して紹介してくれましたので、こちらにリンクを貼っておきます。

レンべは、カナダ人ブルースさんが経営しているブラックサンドダイバーに宿泊。濃い黒色のビーチからレンべ海峡に出てのダイビング。
大きな外国船も往来する結構忙しい海峡ですが、私たちが潜るのは、その端はし、というわけです。

真水がふんだんに出ている所もあり、ブナケン島とはまた全く違った雰囲気でのダイビング。その泥と黒砂の砂地に住む生き物たちも、隠れ技(擬態)が面白いのもいて、正に「なんじゃこりゃ?」ダイビングが楽しめます。 

ダイビングスタイルが、ブナケン島のようなウォールダイブと異なり、ほぼ100%マックダイビング(砂地や泥池を這うようにするダイビング)ゆえ、好みが分かれるところもありますが、時間に余裕があれば、予定を半々にするなどして両方楽しむ事も可能です。

私もたまにゲストと一緒に遊びに行って、マックダイビングを楽しみますが、好み的に、個人的には二日で十分、かなぁ〜😄  
水中は、普段見れないタイプの変な生物が多くてすんごく楽しいんですけど、小型スピードボートでガンガン移動して、というスタイルが、若干苦手かも。 ブナケン島伝統の木造船でトコトコ行くのを23年ほどやってるので、そっちに慣れすぎてしまっているからでしょうかね。
まあメインはダイビングゆえ、ボートの好みなんかどーでもイイんでしょうけど😅

 

| | コメント (2)

2019年7月19日 (金)

ガルーダ機内誌にブナケン島紹介

珍しく?!ガルーダ機内誌にブナケン島の事が大きく取り上げられていました。

日本語セクションでの翻訳ページもあってビックリ!

私が来てからもう25、6年経っていると思いますが、ゲスト曰く、日本では相変わらず殆ど無名なブナケン島

カラフル元気でとんでもない種類の珊瑚礁がひしめく島だし、アクセスだってさほど難しくないのに、なぜなんでしょう…。

メナドという街には、まともなメーカー工場等も存在してないのに、なぜかリッチな人々が多く、皆さん暇そうにしてる割には買い物も大好き?働いてなさそうな人が未だに多いように見えるので、みんなどうやって日々稼いでいるのだろう??という疑問と同じく、
ブナケン島がなかなか世界的に有名にならないのも、

世界の七不思議の一つ

と考えております。

2bc7d2c2843f41739c39e812bf42bc92

76d841a0c7754969822cd6531100abfe

Bf1ce22abd9c4f3cb31830c7194f0c92

 

D1efbd6946e5442fa9d478588dbfe5c2

| | コメント (1)

«マナド・サム・ラトゥランギ国際空港は、9月から1年間の容量拡大?!