2017年9月21日 (木)

トマホンフラワー満開中

天候が本当にカレンダー通りにいかないようで、ここのところ、まだ乾季最中なのに、午後になると雨が降るおかげで、庭のあのトマホンフラワーが満開中であると、うちのアグネスちゃんからの報告。



他にも遂に念願の、ヴィラのバルコニーのペンキ塗り替え完了報告も!




バースデーにアグネスがプレゼントしてくれたウサギちゃんの写真付きでのチャチャ近況報告。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

超お薦め!アビニョネージでのランチ込みワイナリー訪問

今回のトスカーナで一番の衝撃と言えば、何と言っても

アビニョネージ‼︎







その完璧と言っても良いほどオーガナイズされたワイナリーツアー案内、案内人レティシアさんの明快、詳細な説明、そして極めつけは、ランチ!














ランチを含めた訪問にして大正解でした。
私達が楽しんでいるか、レティシアさんが、テーブルにもチェックに来てくれて、しかもこんな美しい風景の中でのセッティング。
50 & 50というワインも美味しかった!
こちらで作られた濃厚なバルサミコ酢(何年ものか忘れたけど)も置いてあり、香りも素晴らしいオリーブオイルと共に頂きました。カボチャのニョッキにこの濃厚バルサミコを数滴だけ垂らして食べたら、予想通りの美味しいマッチング(^^)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴィンサントと桜餅⁈

このアビニョネージで有名なものと言えば、ヴィンサント!
収穫後の葡萄を風通しの良い竹ラックにしばらく干して、自然の糖分をギュ〜っと凝縮させたレーズン状態の葡萄から抽出したものから作られる甘いワインで、樽でマザー(以前に作られたものからとれる、樽ぞこに残されたジェル状の液体、いわゆる100年続く秘伝のソースのようなもの) と一体化させて長期寝かせて作られ、本来イタリアの甘菓子と頂くデザートワイン、として知られるもの。 でも年月が経ったものは、その域を超え、深くまろやかな味わいに。
ここではシェフお薦めの"マッチング スタイル"を選び、スイーツや軽く素揚げされたサルビアとのマッチングを堪能。






この中でも個人的に一番合うと思ったのが、キャラメルと岩塩 を口に入れてからヴィンサントを飲む方法。
写真のワイン色ソアべは、なぜか桜餅のようなお味。何か聞くのを忘れてしまったけど、これならヴィンサントと和菓子である桜餅でも、かなりイケるのでは⁈!と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

先ずはスーパータスカン

イタリア🇮🇹に来ています。
長年のゲスト友人からのリクエストで、今回ワイナリーツアー開催中。
スタートは勿論⁈ トスカーナから。

あのスーパータスカンで美味しいワイン、サッシカイアで有名なテヌータ サングイド、ワイナリー訪問は既に満員で無理でしたが、直営レストランでランチ予約して行きました。
1.4kgくらいあるビステッカは圧巻。





隣接のエノテカも同じくボルゲリエリアで有名な、以前ブログでも書いた事のあるオルネライアのマセトを売っていたので、迷わずゲットしちゃいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

シンガポールから

こんにちは。
昨日は朝から久しぶりに大雨が降り、メナドの空港に着いてからもまた土砂降り。
そのせいで飛行機到着が1時間以上遅れました。
長年顔見知りのシルクエアースタッフが、飛行機が既に数回上空を旋回、一時期ボルネオ方面目指しそうになっていた跡が描かれたアプリを見せてくれました。
あ〜ホントにグルグル回ってる?!
3時半ようやく離陸。珍しくブナケン島側を通っていったのに雲で直ぐに覆われてしまいました。





今回お得なチケットをゲットしたつもりが、スケジュールにより結局シンガポールに一泊する事に。
でもそのおかげで、久しぶりのシンガポール。
かつてダーリンと再会したオーキッドガーデンコーナーは今やこんなフォトスポットに。


遅くなって待たせてしまったけど、ゲストのジュリアンさんと北インド料理の店でカレー三昧致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリデー!

3カ月ぶりの休暇にて、ダーリンの故郷イタリアにゲストにリクエストされたワイナリーツアーに行って参ります。
昨日はスタッフとゲストに見送られての出発。


出発時間の大送迎ぶりときたら半端無いわ.😅

「パーティタイム!」

と我がスタッフ達が叫んでます。
写真は2度目の大送迎。ギリギリまでチャージしてた携帯を忘れて焦って取りに帰るハメに。ボスがもう帰って来たのかと一瞬凍りついてたように見えたスタッフ君達でした(^^;;

ゲストの事しっかりジャガ(インドネシア語で"守る"とか"ケアする"という意味合い)してね。

お部屋のバルコニーからたくさん手をふっていただいたゲストのA様、どうもありがとうございます😊 スノーケリング、ガッツリ楽しんで下さいね〜‼️



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

書類のファイルが…

Macの Sierraバージョンにアップしてからだと思いますが、”iCloud ドライブ”というのがサイドバーメニューに現れるようになり、これは便利だと。

そのまま放っておけばよかったのに、有料のiCloudスペースを少しでも解放しようと、いろいろ必要ないものを消去していたところ、何をどう誤操作したかわかりませんが、スペースを空けようとしていたにもかかわらず、iCloudドライブ内に、Mac本体にある書類ファイルが全部すっぽり入ってしまった様子。
なので慌てて、「書類を消去しますか?」の質問に、イエス!とカーソルをポンッ!と叩き、その後、間髪入れずに、ゴミ箱を空にする作業まで完了。

これが悪夢の始まりでございました。 

ふと気がつけば、Mac本体で使っていた書類が、フォルダーごと全て消滅していました。

Ohno_2

サイドバーに「書類」がない!

表示する項目を選べるメニューを再表示させようとして見ましたが、そこにもすでにフォルダーアイコンは存在せず。完全に消去してしまったようです。

ゴミ箱から消去したものを復活させるアプリも試しましたが、これがえらい時間がかかる上、元のフォルダーやファイル名ではなくなっていて、どれを復活させられたのか、いちいち大量の、数字だけ羅列されたファイルを開けて調べる羽目に。

重要なものは、別のクラウドでキープしていたから最悪は免れたものの、先週は大パニック状態でございました。

折しも、お掃除スタッフが、エアコンの外側を綺麗にするはずが、中に布を巻いた鉛筆を突っ込んで、ローラをバリバリと壊してしまったにもかかわらず、本人は「掃除してたら急に変な音が」と、あまり悪気なし。
エアコンはスイッチオフしてから掃除しろ−!!!

という事で異様に暑い中、この「書類」復活作業に挑んでおりました。

今週はなんとか無事に、静かに過ぎてくれるといいなぁ。




| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

チャンギ・トランジット・プログラム

もしまだご存知でない方がいたら…、と思い、お知らせさせていただきます。

Cdv

シンガポール航空またはシルクエアー便ご利用の方で、チャンギ空港で乗り継ぎされる、航空券番号が「618」、「629」または「086」から始まる往復航空券をお持ちの方の場合、この乗り継ぎ特典であるチャンギ・トランジット・プログラムを利用することが可能です。

↓詳細は下記シンガポール航空のリンクでどーぞ!

チャンギ・トランジッット・プログラム

2018年3月31日までの期間、20シンガポールドル相当のクーポンをもらえるので、食事代くらいにはなるかと。ぜひご利用ください。 

往復チケットでも使えるのは往路か復路の1回になるそうなので、往路の乗り継ぎで時間があまり無い場合は、復路(つまり日本に帰国する際)でのチャンギ空港での長い乗り継ぎ時間の際にクーポンをゲット、お使いになる方が良いかもしれませんね。
何れにしてもちょっと徳した気分ですよね(o^-^o)

24時間も滞在しない空港税(チケット代に既に含まれている分)のお返し?みたいなところなんでしょうかね。 
以前は小切手で日本に送られてきたりして、小切手交換には手数料の方が高いくらいで、”全く使えない”という声がありましたし。

クーポンをもらえる場所が、ちょっとわかりにくい場所ですが、サイトに地図も出ていますので、確認して行けば問題無いと思います。私たちも一度利用しましたょ〜!

(写真はシンガポール航空さんのページから拝借いたしました)

| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

掃除をしていたら…

何年も放っておいた物置から粗大ゴミをいい加減整理しなければ、と思い、手をつけ始めたところ、昔のシルクエアーの搭乗券が出てきました。
しかも、税金書類付き?!

以前は毎度海外に出るたびに、地元民含め、こちらの住人は8千円くらいの税金を払う必要があり(贅沢税??)、 しかも外国人はなおかつ出国許可証のレターもないと、海外には行けなかった時代が何年かありました。

Tax

この日付からすると、シンガポールで初のF1レースが開催された時に行った時のもの。

わお!月日が流れるのが異様に早い!!



| | コメント (0)

2017年8月28日 (月)

ブナケン島の珊瑚礁からメナド・トゥア島をのぞむ風景

言葉もいらない美しさ ですよね(*^-^)

Manado_tua2_068

Manado_tua4_070

Manado_tua3_069


| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

落下

昨年1年間、ほとんど雨が降らなかったせいで、美しかった樹齢何十年?!の大木や、木々の緑を失いましたが、今年はその逆襲と言わんばかりに雨が降ったおかげで、今や何事もなかったように、すっかり緑が戻りつつあります。 自然界の

「帳消し」?

と言わんばかり。これも必要性あってのことなのでしょうかねぇ。

が、あの大木と同じタイプの木が、タルシウスの森にもまだあって、生き残れない種だったのか、何本かは未だカラカラに乾いたまま。  二日続いた強風の影響で、そのうちの1本が先日落下。 幸い、建物の間に落下したので、被害はほとんどありませんでしたが。 
強風にしても、この時期としてはちょっと??? 

まあこちらの木は育つのも早いせいか、重さ的にも軽めの木が多く、朽ちる時も意外に早い、という感じです。 椰子の木も根元からポッキリと倒れたりするので、都会から来た私たちには当初かなり驚きでした。

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

パッションフルーツ

先日の続き
熟れ過ぎジャンボパッションフルーツの中身です。
食べて見ましたが、熟れ過ぎのせい?か、柔すぎる少し甘いスポンジの様。
種が使われたりジュースではよく有りますが、フルーツとして出されないのは、もしや元々パッションフルーツの実がこんな感じ(お世辞にも美味しいと言えない食感)だからなのかなぁ⁇
熟れ過ぎた梨の、もっと薄味ブヨブヨバージョン、って味でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

不思議なものがなりました

部屋の前に何か変なものが”なっている”、とゲストから報告をいただき、すぐさま

「えっ?まさか蜂の巣では??」

と焦った所、ゲストが違う、違うと言います。
よく聞くと、なんかフルーツみたいなものが成っていると言うのです。

見に行くと、あれま。 

House_058_1

本来ならぶどう棚になるはずが、ぶどうの方はあまりよく育たない代わりに、花もつけたことない、なんだかよく分からないツル科の植物がよく育って、棚を占領しているなと思っていたら、なんと、大きな実がなっているではありませんか。 ラフが調べた所、これは

ジャイアントパッションフルーツ、とのこと。

下の写真は現在、熟れ過ぎてしまい柔らかくなっている状態のもの。食べたら美味しそうですが、タネを取って増やした方が良い、とのこと。 おそらく花も知らない間にひっそり咲いていた可能性。 不思議にも、バルコニーにあるパッションフルーツの草は花を何度もつけていますが、フルーツがなったことはありません。何が違うんだろう…?? 不思議ですね。

 


Fruite_060
この写真の角度ではちょっとわかりづらいですが、実はとっても面白い形をしています。

すぐにムフフ… って思った人もいるんじゃないでしょうか???
そうなんです、その形が、実に男性のシンボルみたいなシェイプなんです。
興味ある方は下記のリンク動画をどーぞ。 
台湾でこのパッションフルーツの栽培に成功している男性の話で、その形がはっきり見て取れます。(動画は英語ですが)
YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=c3yTQQ4ZUDE

うちで取れたパッションフルーツがチャチャで出せるようになるかな??

| | コメント (2)

2017年8月16日 (水)

ダウンカレント

レクアンポイントでのダウンカレント

浅い水深、ダイビングの後半に、弱めのダウンカレント発生。
自分がはいた泡がカーテンのようになって、見るのはなかなか魅惑的なのですが、外側のカレントの方が、ダイバーのいる壁側に比べて強いのが見て取れます。

ダウンカレントの際は、壁近くに、アップカレントのときは、壁から離れること、と一般的にも言われていますよね。 

実際は、流れというのは、あれっ?と思う間に発生していることもあるけれど、魚の泳ぐ方向に注意していると、少し先の流れがどうなっているかくらいは予測できますよね。
魚はいつも流れにアゲンストした方向に泳ぎますんで(^-^)


時々気がつくと、魚たちが必死の様相で、皆で、上を向いて歩こう…、いや泳ごうとしているtので、私の真横に横並びになっていたりするのを見ると思わずスマイルしちゃいます(つまり、ダウンカレントが発生中)

笑っているうちはまだ余裕ですが、笑えない流れもあり、自然は怖いもの。自分も、彼らのように必死に”上を向いて…” ってことにもなりかねません。

やはりダイバーとして、最低でも中性浮力だけはしっかり身につけておく必要があるかと。
自分が下がっているのか上がっているのかもわからないダイバーからは早く卒業したいですよね。 
とはいえ、”技術”を身につけるには、ライセンスだけではどうにもなりません。
ダイビングも他のスポーツと同じく、練習と経験を積むに尽きる、という事かなと。
お休みがなかなか取りづらい方も多いので、難しいでしょうけれど、公共のプールなどに少し通って水に慣れておくだけでも全然違います。 耳抜きの練習もできますよね(*^-^) 
普段の小さなトレーニングが、自身の安全度をナンパーセントも上げてくれるのではないかなと思います。 
(って急に真面目な事を書いてしまいましたが)

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

ドルフィンツアーのハズが、ゴンドウクジラ現る!

暑くて透明度抜群の日が続いています。
7月最初の大雨はすっかり”無かった事”になってるようです。

二日前、チャーターボートドルフィンツアーに出かけられたご家族に、
「どうでした?イルカの声たくさん聞こえましたか?」とお聞きしたところ、

「声は全然聞こえなかった、水に入ると、すぅっと逃げてしまった。」

と聞いて、えーっ?!!そんなハズはない?! と一瞬思ったんですが…

あ、それ、こちらでパイロットホエールとか、メロンへデットホエールとか呼んでいる、

オキゴンドウクジラ

と遭遇したんだなと。

「たくさんいてグループで、ただ浮いてるんです。」 
お父さんがうちの船頭さんに「彼ら、寝てんのか?」って思わず聞いたほど、ただノーンビリ浮いてたそうです。 
ゴンドウはいつもそう。 なのでおそらく間違いないと思います。

戦艦みたいにずらりと横一列に並ぶこともあり、その姿は壮観! 子供づれも見たことがあります。 (今回思いっきり写真頂くのを忘れてしまいました(>_<))

ゴンドウクジラは5月とか9月に現れますが、8月ってのもアリだったんですね。それにしても超ラッキー。
ただご家族にとっては、ドルフィンツアーに出かけたのに、イルカはいなかったって事で、なんだか不思議なツアー?!だったかもしれません(^-^;

まあ遭遇しにくい珍しい方を見た、って事で…

Chacha_053

Mul_054


| | コメント (0)

«百合の花が咲きました!