2018年7月 7日 (土)

雷鳴が怖かった夜

日本で台風7号が発生してた時、こちらでも、見たことないような物凄い一瞬フラッシュの雷が。
その光にワンコ達(ブレクシ除き)もかなり怯えてました。
特にセンシティブなハナちゃん。ゲストの足元に逃げたいけど禁止されてるので、どーしたものか困惑顔のラッキー(^^;;




| | コメント (0) | トラックバック (0)

バード天国へ逝く

来月8月後半に4年目を迎えるところだったうちのバードが、昨日天国に召されました(u_u。)

Birdlastday2_2

鳥や動物を檻に飼うのは好きじゃないですが、なぜかプレゼントとして届けられる事が多く、このバードも誕生日プレゼントとしての貰い物でした。 

地元の鳥でもないので、放ってしまうか迷っていたので、名前もつけずに2年ほど経ってしまったころ、スタッフが檻の鍵を閉め忘れ、一度は脱出に成功したバード

チャチャ裏の一番高い木の上で自慢気に私達を見下ろしてた日もありましたが、お腹が空いたのか、3日後にはご帰還。
檻に残っていた、いつも喧嘩しているはずのバディに、大歓迎されてました。

そんなバードも歳をとって来てるのが見た目にもわかるように。
こちらも台風の尾の影響か、最近夜中に雷雨が続き、かなり寒かったりしたので、それがこたえたんだと思います。
なんか床にいる時間が長いかなあ?と気づき、注意していたのですが、2日前の夜、不思議なことが…。

普段なら彼は寝ているハズの夜9時近く、

突然、完ぺきな、タルシウスの声真似をしたのです。

しかも非常に大きな声でハッキリと、1回だけ。

「これ、タルシウスへのお別れのメッセージにならないと良いけど。」と、ラフと顔見合わせてました。
あの声は尋常じゃありませんでした。
以前からタルシウス達とコミュニケーションとってるなあ(トライしてる?)とは知っていましたが、あんなパーフェクトに、しかもタルシウスがそう鳴くように、”3段階の一声” で完ぺきに鳴いた声を初めて聞きました。

やはりあれはタルシウスたちに最期のお別れを告げた声だったんですねえ。

昨日の朝はバナナも食べてたし、眠そうにしながらも私の声に反応してくれて、クチバシで私の指先を軽くつついてましたが、その2時間後くらいに亡くなった様です。
先に逝ったバディの隣に埋めました。お花と一緒に。

天国でバディと再会してね、バードshine

夜はまるでタルシウス達が既にバードの事を知っていて弔うかの様に、あちこちでかなり長いコールが。泣かせてくれました…

もう朝から彼の元気な声が聞こえなくなったのはとても寂しいけど、天国のどっか綺麗なトロピカルアイランドで幸せに飛び回ってね、バード達。

楽しい日々をありがとう!またいつか会う日まで!

| | コメント (0)

2018年7月 3日 (火)

メナドでボクシングの国際大会 「インドネシア警察長官杯」?!

こんなのをネットで発見しました。
メナドでのボクシング大会に日本人選手も来ているとか。
メナドにいたらぜひ見てみたいもんですが(^◇^)

リンクはこちら
https://boxmob.jp/sp/ama/news/news.html?id=1249&type=1

| | コメント (0)

2018年6月30日 (土)

ダイビング@ムカカンプン ポイント

数日前のダイビング@ムカカンプン ポイント

ダイビング後半、セーフティーストップを兼ねたリーフトップ。
緩やかな流れに乗り、ヒーリングパワーのあるサンゴ礁を眺めてのダイビング。

「永遠にこうして流れていたいかも…」

と思う時間を過ごしました。

追伸:カメが浮上するときに、ちゃんとエアーを少しずつ吐き出しながら水面に上がっていくシーン。 バブルが見えますでしょうか? 可愛いバブルにご注目…

| | コメント (0)

国立海洋公園に水上海鮮レストランはオケねーだろうっ?!

スタッフ達から聞いた話では、どなたのオーケーが出たのか知りませんが、フクイポイント上に、なんと!水上レストランが、しばらくの間登場していたとのこと。

特定の観光客向けと、誰の目にも明白な歓迎ぶり。

大歓迎はわかりますが、ここは ”ブナケン国立海洋公園” と指定されているのに、水上海鮮レストラン??

これにはさすがにブナケンの地元民も黙ってはいなかったようで、水上レストラン計画は短命に終わり、引っ張って移動させ、マナド(メナド)に戻させたようです。 

地元民の感情を害したのが、ビジネス的な理由からか、漁師の目から見た理由なのか、その他の理由だったのかまではわかりませんが、何れにしても、

地元民、よくやってくれました!

歓迎を表現するなら、マナド(メナド)にきちんとしたゴミ処理場を作ったり、川や海にゴミを流さないようにする基本教育を徹底し、環境を整えてから、なんて優等生的な事を言っても、ここじゃ始まらないのかなぁ…

海鮮料理もいいですが、世界中のお魚たちがマイクロサイズのプラスチックを食べていて、それを今度は人間が食べる、というサイクルについてのニュースなども目にする今の時代。
生き物に無害な材質のプラスチック代用品が出回るのが、そう遠くない未来だといいのですが。

先日のダイビングでは、こーんなピースフルなハリセンボンと泳いできました。

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

看板背負って帰還?!

ヴァレンティノ・ロッシの住むタブリアにある本家本元ファンクラブ(年間会員)に加入した事は先日のブログでお話ししましたが、その際にゲットしたグッズをご紹介します。

ロッシの番号46がデーンッと書かれたTシャツと帽子、
そしてタブリアの街に入る所にある道路標識看板(紙製)。
看板デカイんです(^^;; 固めのダンボール紙製。

数人のメインスタッフへのお土産も兼ねて、代理として人数分のファンクラブに加入、看板も人数分ゲットしたから、何としても持ち帰らねば!と重量オーバーを気にしつつも持って帰って来ましたよ。
重いんです、これが!
せっかくのイタリア、チーズとかアマレットとか買い物したかったけど今回はさすがに諦めました。

重さも問題ですが、看板はうちのTUMIの超大型スーツケースのサイズに合わせて作ったみたいに、ぴったり収まったから良かったけど、入らなかったらどうしてたんだろう?! 捨てるなどあり得ないし。
でも通常サイズのスーツケースだったら、泣く泣くイタリア出国前に誰かに進呈してたかも。

うちのスタッフが喜ぶかどうか微妙ですが、ま、サイズデカなので、インパクトだけはありそうです🤣


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナケン島に帰還

帰国しました!
留守中100匹?100頭?近いドルフィンがうちの前を通過していったとゲストが喜ばれてました。
やっぱりブナケン島、海のクリアさ、ぬる温かい温度、イイですねえええ😁
リパリでも泳いだのですが、透明度は良く水も思ったほど冷たくは無くて助かりました。ベラが1匹私に興味持ってくれた?(攻撃されてただけかも)ので、一応挨拶しときました(^^;;

ブナケン島現在スコール中です



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

リパリという島

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タヴーリアでロッシファンクラブ入会

これもバケツリストの一つ、憧れのロッシの家とラーンチ(モトクロス練習場)のあるタヴーリアにも行きました。
本家本元のファンクラブ登録は年間費一人€40で、Tシャツや帽子、タヴーリアのどでかい標識看板(紙製です)付き。
特別に?看板マグネットまで下さいました!
サーキットでTシャツ購入すると一枚€32からなので、ちょっとだけお得気分?!
まあそれよりも、ファンクラブの一員になったってだけでロッシを身近に感じる自己満気分がステキ...😁








| | コメント (0) | トラックバック (0)

こういうのについ反応しちゃうんです...


リパリ島そぞろ歩き
すぐ視界に入ってきたもの...
Tシャツ屋さんのデザインらしいのですが。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

バケツリスト一つ消化

誠に勝手ながら現在我々二人は休暇中です。

英語でいうと「bucket list 」の消化中?!

バケツリスト、これに値する日本語はなんと言えば良いのか。
「冥土の土産」なんて今は誰も言わなそうだし?!
やっぱり「一生に一度」リスト、と言った方がシックリくるかな?
とにかく、その類いのうちの一項目を消化すべく、ホリデーにやってきました。

一項目とは、“ヴァレンティノロッシ(MotoGPライダーの)が引退前に彼のレースを見る、出来たら実物の彼を近くで見る” 事です。
実行すべくピットとパドック内も歩けるVIPチケットを購入、イタリアのムジェロサーキットへ行きました。

ラフのアイデアにより、ロッシがランチ後に帰って来るのを見計らって、ヤマハトレーラーの前で待機。

待ってる間、人々がこちらに向けてカメラを真剣に構えてるので、一体何を撮ってるんだ?と不思議に思い、その方向を見たけど、何も特別なものは目に入らず。

「ま、いっか」と彼らの前を横切ったら、

いきなり出てきたーっ?!!

ヤノネ選手(イタリア人ライダー)運転のスクーター‼️

にひかれそうになった...

のは私デス(^^;;

ラフに大笑いされちゃいました。
私にしてみたらバイクが突然どこからとも無く、音も無く飛び出して来た、って感じでしたが、ヤノネ選手にしたら、「どこ見てんだよ〜?! ...ったく!」だったかもね(^^;;
後で念のために撮ってた写真見たら、なんと?!
こっちに向かってくるヤノネライダーがしっかり画面に写っていたではありませんか!




大笑いしてるうちに、本命のロッシも、新しい彼女(ブルックシールズ似と言われてるモデル)を乗せたスクーターで目の前を通り過ぎ、見れましたよ、実物!! 「ヴァレ〜‼️」という皆の歓声に手を振ってくれました。
レース前にトレーラーに戻るロッシ

新しい彼女の事調べましたよ、ネットで。
うん、悔しいけど勝ち目なし。

脚の細さと長さに比べてあの胸の大きさ、どうなってるんじゃ?

神さま不公平過ぎる?!💢

正に実在のレジェンド、ゴッド オブ スピード、ザ ・ドクター、ヴァレに相応しい Goddess(女神)のタイプ。
しかも年齢24歳?!
勝ち目ないね絶対無い...😭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

エコグリーン作戦

ヴィラのお部屋内の温度を低く保つ為のエコグリーン作戦を、最初上のビューヴィラでトライアルラン(試し期間)していたわけですが、それが見事に効果発揮。
今回はビーチヴィラでも本格的に採用。まずは土のフィリング作業が終わりました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

ニュープロジェクト開始

新ヴィラ建設プロジェクトがスタートしました。
最上階ゆえ、階段はちと登らねばなりませんが、眺めの良さ、風通しの良さはバツグン!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

カメ?!

学校出たての若者たちが結構職につけてない現状らしいと情報が。
うちにも早速研修スタッフをリクルート。

子供とは言え、無職ティーンで育ち盛りが何人も家にいたら、親御さんも出費が大変なんじゃ?と思いきや、さすがそこは豊かなマナド。
しっかりした体型の、イカした携帯持った今時の若者達がお目見え。
どこでどう経済が回ってるのやら、いつもの七不思議的な豊かさを感じさせます。

1か月くらいしてようやくタオルアート?を習得したティーンスタッフAちゃん。

私:「可愛い❤️」と褒めたら

「“プニュ”です」 って。

私:「何?バハサマナド語(方言)では象のことはプニュって言うの?!聞いたことないなあ。」

Aちゃん:「それはガジャよ。でもこれは”プニュ“(カメ)です。」

私:「.....⁉️ 💧」

私:「この長い鼻があるのは象でしょう?
象の事、英語でなんて言うかわかる?」

Aちゃん:「....うーんと...?? えーと...??」

私:「ガジャの事は英語で”エレファント“ って言うのよ。」

Aちゃん、それでもまだ“プニュ”と思ってるようで、
私の象説に納得いかない様子でした。

マナド、教育大丈夫かぁ...?と
ちょっと不安よぎった出来事でした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

半月

椰子の向こうに浮かぶ南国の半月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«花ちゃん