« オリーブの木、遂に移植 | トップページ | チャチャ近辺のマングローブ »

2017年8月 6日 (日)

侵入者の恐怖?!

ここ数日、うちの自宅は朝から大騒ぎであります。

毎日、うちのトイレで、

ソアソアの子供(体長まだ30センチくらい)

と遭遇するからです。

ソアソアというのは…

イメージとしては爬虫類.com  などを参考にしてみてください。 飼育の仕方まで出ているので、ペットショップ系のサイトのようですが、オオトカゲの写真がいくつか乗ってて、大体のイメージはこんな感じ。 
成長すると2メートルくらいにはなる、海水でも真水でも泳げる、

ミズオオトカゲ

そう、こちらではオオトカゲの事は”ソアソア”と呼ばれているのです。タイドプールを泳いでいるのを見た事もあります。

ここ数日うちに涼みに来ている、というより、どうやら「飲み水」を求めて、リスクを侵しつつも家の中に入ってくる様子。 雨がもう10日くらい降ってないし、むちゃくちゃ暑いからでしょうか。

普通のよりはちょっと大きいけど、いわゆるトカゲじゃないか、しかもまだサイズも小さい子トカゲだし、とのんびり構える私に、 掃除スタッフのTちゃんはトカゲが大嫌いなのか、「ソアソアがいるんですよ!ソアソアが!」 と私に文句を言うように叫ぶ。 

その子供オオトカゲが、蛇口の裏からこっそり、クジラみたいにスパイホッピング(偵察のため頭を水中から出す行為)をするたびに、Tちゃんがモグラ叩きのように、子供オオトカゲの頭をボコボコと、ホウキの肢で叩いてしまう。

なんでそんな事する必要があんねんッ?! 

ムッとする私。怖がらせなければ、静かに出て行ってもらう事も可能なハズ。

噛まれるのが怖い(って噛まれた事もないのに噛まれることが既に前提となっている)から、と彼女は言うのですが…

ちょっと待ってください…
ほんの数年前まで(いや今でもまだ)、ソアソアはこの島では
食用、大事なタンパク源の一つだったじゃん?!

それに、”やられる前にやってしまえ! という、動物的な防衛本能の一面を見たような気がいたしました。

しかもTちゃん、子供ソアソアが大パニック起こして飛んだり、走り回ったりして家中を逃げ惑うのをみて、「なんであんなに素早く逃げ回る必要があるのかしら??!!!」 
とプンプン怒っています ( ̄▽ ̄)💦

「自分を殺そうとする巨大モンスターに追いかけられたら、逃げるの当然っしょ。」 
と言いたかったのをぐっとこらえて、喉の奥に押し込みました。

私が対応したときはドアから出て行ってもらったりもしてるのですが、水不足が切迫しているようで、どうも毎日入ってくるし、個体も2、3匹いる可能性もあります。

結果:
毎日この状態では困るので、対策として、トイレの窓の外に、飲み水皿を置くことに。
これで子供オオトカゲとの同居も、子供オオトカゲの頭痛も激減することでしょう。

南の島ならではの珍入者、ですよね。

|

« オリーブの木、遂に移植 | トップページ | チャチャ近辺のマングローブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリーブの木、遂に移植 | トップページ | チャチャ近辺のマングローブ »