« ドルフィンツアーのハズが、ゴンドウクジラ現る! | トップページ | 不思議なものがなりました »

2017年8月16日 (水)

ダウンカレント

レクアンポイントでのダウンカレント

浅い水深、ダイビングの後半に、弱めのダウンカレント発生。
自分がはいた泡がカーテンのようになって、見るのはなかなか魅惑的なのですが、外側のカレントの方が、ダイバーのいる壁側に比べて強いのが見て取れます。

ダウンカレントの際は、壁近くに、アップカレントのときは、壁から離れること、と一般的にも言われていますよね。 

実際は、流れというのは、あれっ?と思う間に発生していることもあるけれど、魚の泳ぐ方向に注意していると、少し先の流れがどうなっているかくらいは予測できますよね。
魚はいつも流れにアゲンストした方向に泳ぎますんで(^-^)


時々気がつくと、魚たちが必死の様相で、皆で、上を向いて歩こう…、いや泳ごうとしているtので、私の真横に横並びになっていたりするのを見ると思わずスマイルしちゃいます(つまり、ダウンカレントが発生中)

笑っているうちはまだ余裕ですが、笑えない流れもあり、自然は怖いもの。自分も、彼らのように必死に”上を向いて…” ってことにもなりかねません。

やはりダイバーとして、最低でも中性浮力だけはしっかり身につけておく必要があるかと。
自分が下がっているのか上がっているのかもわからないダイバーからは早く卒業したいですよね。 
とはいえ、”技術”を身につけるには、ライセンスだけではどうにもなりません。
ダイビングも他のスポーツと同じく、練習と経験を積むに尽きる、という事かなと。
お休みがなかなか取りづらい方も多いので、難しいでしょうけれど、公共のプールなどに少し通って水に慣れておくだけでも全然違います。 耳抜きの練習もできますよね(*^-^) 
普段の小さなトレーニングが、自身の安全度をナンパーセントも上げてくれるのではないかなと思います。 
(って急に真面目な事を書いてしまいましたが)

|

« ドルフィンツアーのハズが、ゴンドウクジラ現る! | トップページ | 不思議なものがなりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドルフィンツアーのハズが、ゴンドウクジラ現る! | トップページ | 不思議なものがなりました »