アイランドライフの日常

2018年5月20日 (日)

花ちゃん

うちで唯一「お手」をまだ覚えて実行する花ちゃん。
リスカルにランチ時のスナックをもらう為のパフォーマンスです(^^;;




| | コメント (0) | トラックバック (0)

トニーさんのジュゴン写真 (Photo of Dugong By Toni Weurlander)

トニーさんのジュゴン写真は正式にはご紹介してなかったかもしれないので、こちらに掲載します

Dugongbytoni600_4

癒されますよねえ、ジュゴンの姿って。

これで何歳くらいなんでしょうね。5メートル級のも見たことあるので、これだとまだ若者、って感じですね。


| | コメント (0)

ビフォーサンライズ

最近のガンガン照りつける乾季のギラギラ太陽は、

このようなビフォーサンライズ風景からはじまります

Before_sunrise2_2

写真 by リスカル君

| | コメント (0)

レッツパーティ?!New スピーカー到着!

バースデーパーティ用の新しいスピーカーが到着!

「レイコニ、ソウダンセズニカッチャッタケド、イイヨネ?」

って事後報告されてもね…

なんかラフ張り切ってます。

で、最初にかけた曲は、当然!我が友人、シチリア島の新生スターシンガー、

Hasael ことエマニュエレの曲! "Parigi muore"

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

今朝の日の出

今朝の日の出@ブナケン島

先日ジュゴンのビデオを撮ったAyakoさんが、ビューティフル!なサンライズビデオを撮っていたので真似してみました。今朝のサンライズ。

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

ブナケンの夕方 ナイトダイブに行く時間

https://youtu.be/S6qHoV3hJmI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナケンの空、現在の夕方風景

どうぞ素敵なサンデーイブニングを!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

大勢のイルカが跳ねていました。

どうもまだ雨期から抜け切れていない感じで、ガンガン1日じゅう蒸し暑く晴れる!というわけではないので、ある意味過ごしやすいブナケン島です。

昨日はようやく夜空も晴れ月もないので、ゲストと一緒に、南の空に、天の川の中に大きく横になっている南十字星を観察。スウェーデン人ゲストにとっては初めて見る南十字星、という事でした。

今朝、そのゲスト達を乗せたボートをお見送りしていたところ、シラデン島とうちの間にいる1隻のダイビングセンターのボートの周りがなんだかバシャバシャしているのをラフが目ざとく発見。
かなり大勢のイルカが跳ねているのが肉眼でハッキリ見えました。 
イルカを近くで見ようと奔走するボートの後ろを、イルカ達が追うみたいに1列に連なって一斉に飛び跳ねており、ボートに紐で引っ張られているおもちゃでも見ているかのよう。 

送迎ボートにも慌てて電話したけれど、運転中のせいか、呼び出し音はすぐには聞こえなかった様子。

そうする間に、大型エンジンをつけた他のリゾートのボートも現場に直行。 
あの爆音エンジンじゃ、さすがにイルカも嫌だろうなーと思っていたら、やっぱり彼らは深くダイブしたのか、水面からすっかり姿を消し、元の静かな凪の海になっていました。

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

20年近く経って初めていっぱい咲いたトマホンフラワー?!

トマホン、というのは本島の高原地帯にある街のひとつで、花を売っていることで有名です。
でも、実際に花を栽培しているのは、実はそのもっと奥地にあるエリア。 

私たちは移住当時、チャチャに植えるための草花を大量に買うため、安い価格と種類を求めて、トマホンよりさらに奥地に入り、たくさんの花木をボートいっぱいに買ってきたわけですが、この下のブッシュのようになっているところに咲くピンクのお花の木も、その1つ。

以前にもブログで書いた通り、奥地では木のようになってたくさんの花が垂れ下がっていたのに、雨以外の水がほとんどなかったブナケン島では、ずっと死んでしまったかのようになっていて、花が咲いたのは、16年くらい経ってから???!!!!!  
しかも最初は花が3、4つしか咲かなかった。 

それにしても、ものすごい月日 ですねぇ…。

で、ここ最近、写真の通り、以前に比べたら大量に花を咲かせています。
10日も続いたほとの、あれほどの雨があった後での当然の結果なんでしょうけれど、 こんなに花をつけたのを見るのは正直初めてで、個人的にはかなり感動。
ここまで来るのに20年近くかかってる、って、ホント、信じがたい話かも。

<おまけ>
最近咲いているこの大輪の花。バラにも見えるけど棘はなさそうだし、ハイビスカスの一種なんでしょうね、きっと。 
牡丹を思い起こさせる大きく立派なお花です。
庭に、以前はなかったピンク色が見えて、ちょっと嬉しい毎日です。

| | コメント (0)

賑やかだった中国正月期間

今年の中国正月期間、短期間ではありましたが、どこのリゾートも、なかなか賑わっていたようです。 
ちょっとまでは年間トータル合わせても1万5千人くらいしかいなかった外国人観光客数ですが、ここも世界の例にもれず、中国からの直行便のおかげで、おそらく去年1年間でようやく倍くらいまでにはなったのか??? といった感じです。

上海やその他の複数都市からメナドに直行便が飛び始めたことは以前にも書いたかと思いますが、その後も続いているようで、ここ最近は団体ツアー客の方々がマナド(メナド)にやってきては、大型バスで観光、中国寺院を回ったり、島の方にも、1日だけスノーケリングツアーに、といったスタイルで、それぞれ観光を楽しまれているようです。

うちにいらっしゃる中国人ゲストの方が話していたのですが、最近は彼らの旅行スタイルにも変化が現れ、大都会を離れ、買い物目的ではなく、団体旅行から外れ、自然を満喫するのが目的の人も、結構出てきた、とのこと。 
うちにもダイビングやシュノーケル目当てにうちに来る方がほとんどです。

食事さえ美味しければ、彼らはやってきますよ! このスタイル、続けて下さいね!と嬉しいお言葉を頂きました。

そして中国では有名だという、ザーサイに似た野菜?の辛い漬物?のようなものも試食させてもらい、普段はダブダブ(メナドを代表するチリソース)派だけれど、これも私にとっては、非常に懐かしさを感じさせる食品。 
それに、このパッケージ写真のお母さんは、中国版サクセスストーリーの代名詞と言われていると、持参したTさんが熱く語って教えてくれました。 

日本でも売っているかもしれないので、チャンスあればぜひ!

中国版のダイビングの教科書も別の方からのギフト

10日ほど宿泊された母娘さんは、こちらでお知り合いになったゲストと一緒に、メナドで最近誰かがサービスを提供するようになった、パラセイリング?? で1日メナドに行ってチャレンジしたそうです。アクティブ度に驚いているうちに感想聞くの忘れてしまいましたが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧